読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2016年4月第4週の店内BGM

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか開業いたしました店主いけのです。

 

 店内BGMの更新です。

 

  1. Lostprophets (UK-Emo Metal) / Liberation Transmission (2006)
     → Rush (Canada-Prog) / Moving Pictures (1981)
  2. Motley Crue (US-Hard Rock) / Too Fast For Love (1982/2003) → 継続
  3. Nickelback (US-Hard Rock) / No Fixed Address (2014)
     → Stone Sour (US-Hard Rock) / Audio Secrecy (2010)
  4. Paul Rodgers (UK-Hard Rock) / Muddy Water Blues (1993) → 継続
  5. Queen (UK-Hard Rock) / A Day At The Races (1976) → 継続

 

 RもRainbowとかアルバム枚数でいくと、かなりの枚数を所有しているものの、バンド数、しかも、店内で使えるもの、と絞り込んでみたら、意外と少なかった。

 で、カナダのポップなプログレッシヴ・ロックの雄、Rushを。RushはSmall In Japanの代表みたいな感じで、海外に比べて国内不人気すぎて、再発されても、すぐに廃盤になるので、意外とアルバムを入手しづらくて、持ってないアルバムが結構、あったり。

 ゲディ・リーのヒステリックなヴォーカルのせいなのか、プログレの割にはメロディがポップすぎるせいなのか、TOTOとかに比べると逆にプログレ感が強すぎるのか。

 

 Sは、おそらくバンド数が一番多いところで、これまでとは逆に絞り込みに迷うくらい。

 で、まあ、自分の趣味と一般受けのギリギリを狙う、という意味では、Slipknotのヴォーカル、コリィ・テイラー(#8)の別バンド、Stone Sourを。

 ジャンルは、オルタナティブ・ロック? いや、グランジ通過後のヘヴィネスを持った普遍的なハードロック、ということでいいんじゃないかなぁ。

 このアルバムは割とヘヴィさを増していて、一方、この辺りからSlipknotにもメロウなメロディが入る割合が増えてきて、両者の差が薄れつつあるところではありますが。

 

 70年代1枚、80年代2枚、90年代1枚、10年代1枚で、2000年代が1枚もなくなってしまいましたが、やはり普通の人でも聴ける、という縛りをかけると、だんだん古いヤツに近付いていくんですよね、、、

 その意味では、Motley Crueを外して、Sixx:A.M.って手もあったか。4月29日に新譜が出た後は、たぶん、順番無視してかけると思います!

 


Sixx:A.M. - You Have Come to the Right Place (Audio Stream)

 

ムービング・ピクチャーズ

ムービング・ピクチャーズ

 

 

オーディオ・シークレシー

オーディオ・シークレシー

 

 

スリップノット

スリップノット

 

 

プレイヤー・フォー・ザ・ダムド

プレイヤー・フォー・ザ・ダムド

  • アーティスト: シックス:エイ・エム,DJ ASHBA,James Michael,Nikki Sixx
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2016/04/29
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る