読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2016年9月第1週のBGM(A,U,V,W,Y)

メタル

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 もう9月だ! というところで、今週のBGM更新です。

  1. At The Drive-In (US-Emo) / Relationship of Command (2000)  ← 3週目
  2. UFO (UK-Hard Rock) / Phenomenon (1974/2007) ← 2週目
  3. Van Halen (US-Hard Rock) / 5150 (1986)  ← 2週目
  4. Whitesnake (UK-Hard Rock) / Slide It In (US ver./1984)
      ← Andy Black (US-Screamo) / Shadow Side (2016)
  5. Yashin (UK-Screamo) / The Renagades (2016)
      ← Tongiht Alive (Aus-Pop Punk) / Limitless (2016)

 

 サマソニが終わって次はLoud Parkですが、Whitesnakeはそれ用じゃなくて、普通に「W」の選択肢が少ないだけでフェス前に1回、落とすと思います。

 

 というか、 今のWhitesnakeのセットリストを知らないんですが、どうせこの次のアルバム「Whitesnake (1987)」時代の曲が中心なんだろうな、とか思うと、イマイチ、乗れず。

 とか言いつつ、意外とWhitesnake、初期のアルバムも抑えていないんですが。

 

 Whitesnakeは、Deep Purple3代目ヴォーカリスト、デヴィッド・カヴァデールのバンドです。D.P.を脱退して*1、ソロ・アルバム「White Snake」を作成したカヴァデールがその後、パーマネントなバンドに進化させたのがWhitesnake。そこにD.P.からイアン・ペイスジョン・ロードも合流。

 当初は英国風のブルーズ・ベースのハードロックをやっていたんですが、日本とイギリス以外ではパっとしない中、北米ではNWOBHMがあり、MTVの台頭があり、LAメタルの隆盛がありで、北米市場の開拓を狙った時期のアルバムがこちら。

 で、米Geffenとの契約にあたり*2Thin Lizzyを脱退したジョン・サイクスをギターに迎え、ギターの再録音と北米向けのゴージャスでキラキラしたミックスにしなおしたバージョンが、今回、持ってきてる「US Ver.」です。

 UK盤も持ってるし、そっちの方がいいと思うんですが、たまたま部屋のコレクションから発掘できず。

 

Slide It in: 25th Anniversary Expanded Edition/+DVD

Slide It in: 25th Anniversary Expanded Edition/+DVD

 

  こういう国ごとのバージョン違いを探すときに、Amazonはすげー不便。なんですが、こちらの25周年記念盤はUK、US両方収録してるらしいです。レビュー見ると、一部歯抜けらしいですが。

 ちなみに日本では、通常盤はUK音源で出ていて、後からUS版にカヴァデールのコメントを付けたEPがリリースされています。詳細は下のリンク。

 

 

 次。

 Yashin(ヤシン)は、スコットランドメタルコアスクリーモ。ちょっと店内BGMとしては、ウルサいかも。

 バンド名は日本語とは全く関係なく、ロシアかどっかのサッカー選手の名前からとった、とのこと。

  06年に結成され、商業的にうまく行かない時期もあって、何度か解散の危機を乗り越えつつメジャー契約を手に入れ、今年2016年リリースの4作目となる本作で、日本盤デビューを果たし

 …たのだけれど、公式Facebookによると、どうやら16年8月で解散決定した模様。今、これ書いてて知りました。9月、10月も欧州&UKツアー日程が入ってるし、解散ツアーの実施予定もある、とのことですが。

 

 このジャンルのバンドとして際立った個性がある訳でもないにせよ、クオリティは高いと思うし、ちょっと今後が期待できそうなバンドだった…けど、結成10年でこのポジションだと、まあ、年齢的にも潮時って思っちゃうんでしょうかねぇ。

 


Yashin / The Renegades [MUSIC VIDEO]

 

 

 

 

*1:D.P.はそのまま解散

*2:前に持ってきたZenoは同時期、Geffenとの契約にあたりアメリカナイズを嫌って解散