Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2017年3月第1,2週のBGM(R,S,T,U,V)

  どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 先週ブログ更新しませんでしたが(店内で掛けるCD自体は更新)、今週の店内BGMです。先週今週合わせて4枚、バンド数の圧倒的に多いS、多いわりに使えるバンドは少ないT、極端に薄いUとVです。

 

  1. Scott & Rivers (US-Pop Rock) / Scott & Rivers (2013)
      ← Linkin Park (US-Alt.Metal) / A Thousand Suns (2010)
  2. Ten (UK-Hard Rock) / The Name of the Rose (1996)
      ← My Chemical Romance (US-Emo) / The Black Parade (2006)
  3. Urban Tale (Finland-Hard Rock) / Urban Tale (2001)
      ← Palisades (US-Electronicore) / Mind Games (2015)
  4. Vanilla Fudge (US-Hard Rock) / Vanilla Fudge (1967)
      ← Negative (Fin.-Hard Rock) / War Of Love (2004)
  5. 3週目  ← Revolution Saints (US-Hard Rock) / Revlution Saints (2015)

 

 Sは、ポップ・パンク・バンド、Alisterのスコット・マーフィーと、Weezerのリバース・クオモによるプロジェクト。

 スコットは、Alister時代からスピッツやビギンといった日本語曲のカバーをしており、ソロとして全編日本語曲カバーアルバムを複数枚リリースして、現在では、エルレガーデン、ハイエイタスの細美武士率いるモノアイズのメンバーとして活動する、日本語ポップ/ロック大好きの人。

 一方、Weezerは微妙に自分の守備範囲の外側なんですが、リバース・クオモも日本大好きで、奥さんが日本人で、しばしば奥さんの実家に訪れるため、来日している、とか。

 そんな2人のプロジェクトなので、国籍をUS、ジャンルをポップ・ロックとしましたが、実際には、アメリカ人ポップ・パンク出身の2人によるJ-POP、とでもいうべき内容です。

 当店、開店1年にして、今まで日本国内のバンドを使ったことがないので、初の日本語詞アルバムでもあります。

 

 Tは、イギリスのTen。Nirvanaの登場後、メロディアスなハードロックがすっかり下火になった1990年代半ばに登場した、伝統的英国ハードロック・バンド、といったところ。こちらは、デビュー作の半年後くらいに続けて出された2作目。

 この後、マーキュリーに移籍して、何枚かアルバムを出した後…の消息はあまり追っていないので、現在も継続しているのか不明…。生き残っていれば、今なら、フロンティアーズとかに在籍していそうな、王道メロディック・ハードロックだと思いますが…。

 

 Uは、フィンランドのスタジオ・ミュージシャンたちがJourneyのトリビュート・ライヴをやるために集まって、そのままバンドを結成した、というJourneyっぽいメロディアス・ハードロック・バンド、Urban Tale。

 現在3週目の、Journey人脈バンド、Revolution Saintsがフロンティアーズ主導で結成されたように、これも今も活動していれば、フロンティアーズなんだろうな、というJourneyフォロワー。消息追っていませんが…。

 

 Vは、Van Halenばっかりなのもアレなので、Vanilla Fudgeの1作目…と言うか、この後、ティム・ボガード(b.)とカーマイン・アピス(ds.)がジェフ・ベックに合流しちゃうので、2作目以降って出たんでしょうかね?

 「ジェフ・ベックが憧れた伝説的バンド!」みたいな雰囲気で一応、買ってみたんですけども、1967年当時の状況がよくわかってないので、当時のシーンでの位置づけとかも、よく分からず、まあ、古き良き時代、ハードロック黎明期の音楽って感じです。

 The Beatlesの「Ticket To Ride」に始まり、「People Get Ready」等、ほぼ全編、当時の有名曲のハードロック寄りアレンジで構成されてて、この辺のアレンジ・センスとかリズム感がジェフ・ベックには面白かったんですかねぇ。

 しかし、ジャケットのカーマイン・アピスの写真が若ぇな…。

 

 興味のあるアルバムを下記リンクから買っていただくと、当店にちょこっとだけアフィリエイト収入が入ります。自分は、CD買うとき、Amazonではなくて、HMVローソンしか使ってませんが(HMVローソンのアフィリエイト・プログラムが今一つ、使い勝手が悪くてですね…)。

 

スコットとリバース

スコットとリバース

 
Guilty PleasuresII~スコット・マーフィーの密かな愉しみ~

Guilty PleasuresII~スコット・マーフィーの密かな愉しみ~

 
テン+ザ・ネーム・オブ・ザ・ロ

テン+ザ・ネーム・オブ・ザ・ロ

  • アーティスト: テン
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1999/11/26
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
アーバン・テイル

アーバン・テイル

 
キープ・ミー・ハンギング・オン

キープ・ミー・ハンギング・オン