読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2017年3月第3週のBGM(S,U,V,W,Y)

  どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 今週の店内BGMです。引き続きバンド数の薄いWとY、どちらもバンドとしては2回めの登場となるWhitesnakeYoung Gunsです。

 

  1. Scott & Rivers (US-Pop Rock) / Scott & Rivers (2013) ← 3週目
  2. Urban Tale (Finland-Hard Rock) / Urban Tale (2001) ← 2週目
  3. Vanilla Fudge (US-Hard Rock) / Vanilla Fudge (1967) ← 2週目
  4. Whitesnake (UK-Hard Rock) / Whitesnake (1987)
      ← Revolution Saints (US-Hard Rock) / Revlution Saints (2015)
  5. Young Guns (UK-Screamo) / Ones And Zeros (2015)
      ← Ten (UK-Hard Rock) / The Name of the Rose (1996)

 

 Wは、ex-Deep Purpleのデヴィッド・カヴァデールによるWhitesnakeの北米市場の開拓を狙った意欲作、「Whitesnake」です。国内盤はなぜかラテン語で「白い蛇」を意味する「Serpens Albus」の副題付。

 アメリカのゲフィンと契約し、従来のブルージィなブリティッシュ・ハードロックから、ゴージャスな路線に方向転換し、それを象徴するかのような過去作のセルフカバーを含む、全9曲…ですけど、まあ、オリジナルの方が個人的には好みですよねぇ…。

 ジョン・サイクス(g.)に罪はなく、単に時代の問題とは言え、Thin Lizzyも70年代の方が好みですわなぁ…。

 

 Yは、イギリスのエモメタル/スクリーモYoung Gunsの3作目。2作目までは、そこそこレコード会社でもプッシュされて、国内盤も出ていたのですが、これは結局、国内盤出ていない模様。

 というか、本国では2016年秋に4作目も出ていたのか。チェックせねば。

 

白蛇の紋章~サーペンス・アルバス(紙ジャケット仕様)

白蛇の紋章~サーペンス・アルバス(紙ジャケット仕様)

 

  

Ones & Zeros

Ones & Zeros