Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

11/8,9,10ビールが苦手な人にビールを飲んでもらう会:コーヒーっぽいビール編

f:id:bh3master:20171104144542j:plain

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 久しぶりの気軽な飲み比べ企画ですが、今回はビールがあんまり得意じゃない人を念頭に開催します。

はじめにヨタ話 (趣旨等)

 まあ、ビールの専門店なので、普段からビールが好きな人は来るし、ビールが苦手な人は来ない。それは、そうなんです。

 

 ただ、クラフトビールを飲んだことがある人ならお分かりのとおり、クラフトビールっていうのは、いわゆる普段の大手のビールとは、だいぶ味が違う訳です。そして、その味の幅も広いですし。

 なので、個人的には、「大手のビールはあんまり得意じゃないんだけど」って人にこそ、一度、だまされたと思って、クラフトビールを飲んでみませんか、と思う訳です。

 

 そういう趣旨で、11月8(水)~10日(金)に飲み比べの会を企画しました。

 

 で、今回は、ビールは苦くてあんま好きじゃないけど、コーヒーはブラックで飲むよ、って人向けの企画です。

 堅苦しい会ではないので気軽にふらっとお越しいただければと思います*1

 

 普段から来たいと思いつつ、一緒に誘いたい友人が「ビール屋? ビール好きじゃない」みたいなリアクションで中々、来れないって方も、ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

 

 なお、当日、コーヒーの提供はありません。

 また、コーヒーマニアの方に来ていただいても一向、構いませんが、そこで豆の種類とか焙煎方法、抽出方法の違いとかについて熱く語っていただいても、店主はついていけませんので、よろしくお願いします。

 

【企画概要】

・開催日: 2017年11月8日(水)、9日(木)、10日(金)

・開催時間: 各日夜8時から1時間程度

・参加料金: 基本料金1,500円+追加料金最大900円 (予定)*2

・申込方法: 参加希望日、参加希望人数、急な変更等のための当日の緊急連絡先を明記の上、facebookページ・twitterへのメッセージ、または下記メールへ。店頭でも受け付けます。

 bh3master@gmail.com

・申込期限: 定員に余裕ある限り当日でも受け付けますが、準備の都合もありますので、なるべく予約いただけると助かります。

 

【飲み比べ内容】

 焙煎した大麦麦芽や大麦を使うことで、コーヒーやチョコレートのような香ばしさを持つビールの飲み比べです。

 黒ビール? いや、色は黒いんですが、大抵の人は「今まで飲んだ黒ビールと全然違う」とおっしゃいます。

 コーヒーはブラックで飲む人、ハイカカオのチョコレートが好きな方は、本当にダマされたと思って飲んでみてください。

 

 また、コーヒーのお茶受けならぬ、「おビール受け」を毎度おなじみhachiware先生に準備いただく予定です。

 

 提供内容がちょっと分かりづらくてすみませんが、基本料金1,500円でビール2種類とおつまみを提供いたします。これは3日間共通。

 さらに、お好みで追加料金1杯300円をお支払いいただくことで、3日間共通のビール1種類と、その日ごとに異なる内容のビール各日2種類ずつ計6種類をお飲みいただけます。

 基本2種類+つまみ+追加3種類で1日最大2,400円となります*3

 

・基本料金で提供(各150ml程度)

 各日共通

  0 hachiware先生謹製 おビール受け

  1 箕面ビール(大阪) スタウト 樽(予定)*4

  2 スワンレイクビール(新潟) ポーター ボトル

  3 ブリュードッグ(イギリス) ジェット・ブラック・ハート ボトル

 

  ※当店でもしばしば樽で提供している個人的に国内大定番の2つと、パンクIPAのブリュードッグが出す「ジェットブラック」(漆黒)のミルクスタウト。ミルクと言っても牛乳が入ってる訳ではなく、ラクトース(乳糖)を加えてボディを強くしたスタウト。

   ※11/9追記 原価計算やり直して基本料金に含むビールを3種としました。

 

・追加料金で提供 各300円(各100ml程度)

  11月8日(水)

  4 サンクトガーレン(神奈川) 黒糖スイートスタウト ボトル

  5 ノースコースト(アメリカ) オールド・ラスプーチン ボトル

  ※ビールが苦手な人でも飲みやすいビールを得意とするサンクトガーレンさんの沖縄産黒糖を使ったスタウトと、かつてロシア皇帝も愛飲したというロシアン・インペリアル・スタウトと呼ばれるジャンルのアルコール9%の濃いヤツ。ジャケ買い必至のヤバいラベル。

 

 11月9日(木)

  6 モダンタイムズ(アメリカ) ブラック・ハウス 缶

  7 モダンタイムズ(アメリカ) シティ・オブ・ザ・デッド ボトル

  ※醸造所だけでなく、コーヒーショップも運営するカリフォルニアのモダンタイムズからコーヒー豆を使った定番スタウトと、バーボン樽で熟成させたコーヒー豆を使った限定スタウト。

 

 11月10日(金)

  8  サンクトガーレン(神奈川) スイートバニラスタウト ボトル

  9 ストーン(アメリカ) ナポリタン・ダイナマイト ボトル

  ※ビールが苦手な人でも飲みやすいビールを得意とするサンクトガーレンさんの本物のバニラビーンズを使ったほぼアフォガードなスタウトと、ナポリタン*5をイメージした自家醸造コンテスト入賞者のレシピをストーンがコラボした限定インペリアル・スタウト。

 

 ビン・缶で提供するビールは参加者が少なく余った場合には翌日以降に繰り越し、それでも余れば後日、通常料金での提供となりますので、都合が悪く参加できない方は、そちらに期待を。

 

 本当は、イギリス系のポーター/スタウトだけじゃなく、ドイツのシュヴァルツだとか、スタウトでも牡蠣を使ったオイスター・スタウトとか、あるいは色は黄色いのにコーヒー・フレーバーのビールとかも色々あるんですが、今回、ご用意するのは、まあ、この辺で。

 

 以上、告知期間が短くてすみませんが、ご興味ありましたら、ご参加のほどを。

 

*1:とは言え準備の都合もありますので、なるべく予約いただけると助かります

*2:基本料金は、もう少し下げられるか調整中

*3:正直、アレとかアレは300円だとほぼ原価での提供ですが…

*4:既存ビールの売行きによっては間に合わない場合が…

*5:トマト味のスパゲティじゃなくて、チョコとバニラとストロベリーの3色アイス