Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2018年4月第5週のBGM(R,S,U,V,W)

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 普段は基本メタルしか聴かないけど持ってるCDの中で比較的聴きやすいヤツをアルファベット順でお送りする今週の店内BGMです。

 

  1. Revolution Saints (US-Hard Rock) / Light In The Dark (2017) ← 3週目
  2. Skid Row (US-Hard Rock) / Skid Row (1989) ← 2週目
  3. The Used (US-Emo) / The Used (2002) ← 2週目
  4. Van Halen (US-Hard Rock) / Diver Down (1982)
     ← Of Mice & Men (US-Metalcore) / Defy (2018)
  5. The Wildhearts (UK-Hard Rock) / Fishing For Luckies (1994/96)
     ← Tonight Alive (Aus-Pop Punk) / Underworld (2018)

  

 

Van Halen (US-Hard Rock) / Diver Down (1982)

 VはVan Halenを使うの何度目だろうな…。デイヴ・リー・ロス時代のアルバム…を実は1枚も持ってなかったのを、全6作入りボックスセットで買ったんで、まだまだ使える。前回の名盤「1984」の直前、通算5作目。

 後に同名の映画にも使われたロイ・オービソンの「プリティ・ウーマン」などを含む。

 V、他のバンドも探します…。

 

ダイヴァー・ダウン

ダイヴァー・ダウン

 

 

The Wildhearts (UK-Hard Rock) / Fishing For Luckies (1994/96)

 Wは、前に2nd「p.h.u.q.」を使ったイギリスのThe Wildhearts

 まあ、改めて聞くと出てくる時代と国が悪かった、としか。1989年結成、92年デビュー…の時点では、だから、Nirvanaの後なんですよね。

 やってるのは、パンクとハードロックのいいとこ取りをしつつ、Beatles以来のポップセンスやグラム的な要素も取り込む、という、Guns N'Rosesに近い路線だったと思うのですが、グランジ勢に比べるとポップすぎて、当時UKを席巻したブリットポップ勢に比べるとヘヴィすぎて。

 

 このアルバムは元々、1st「Earth vs the Wildhearts」の後に、6曲入り約40分のEP(アナログ時代なら十分アルバム1枚分の長さ)として録音されたのだけど、長尺曲が多かったりしたため、売れないと判断したレコード会社がリリースを渋り、ファンクラブ限定で発売。先に、2作目の「p.h.u.q.」に取り掛かり、このアルバムに含まれたいくつかの曲は「p.h.u.q.」からのシングルB面曲に使われる。

 ところが、「p.h.u.q.」の反応から、やっぱり売れると判断したレコード会社が3曲を勝手に追加して「Fishing For More Luckies」としてリリースしようとしたところで、バンドの中心人物、ジンジャーが激怒して、販売差し止め(プレス済みの分が後にブートレグとして出回ったので持ってますが)。

 結局、イギリスではシングルに使った曲が重複しない形で新曲を追加して10曲入りのアルバムとして改めて1996年に発売したのが、この音源。

 なお、シングル・リリースがなかった日本では、それを全部合わせた14曲入りで発売されていた…ハズ。アルバム自体は買ってなくて、後で出た全音源ボックスセットの1枚で持っているので記憶が定かではない。Wikipedia英語版の記述と記憶をたどると多分、そう。

 

 ちなみに、シングルでモメてるのは、1990年代半ばのイギリスではチャート上位を狙うため、同一タイトルのシングルをジャケットとB面曲を入れ替えて複数枚リリースして、ファンに複数枚買わせることが慣例となっていたのだけど、B面曲の大半がアルバムに漏れた捨て曲(しかもデモのまま)とか、シングル曲の完成途中のデモ版や捨てテイク、あるいは過去曲のライヴ音源、といった熱心なファンだったら買いたくなるけど、商品レベルに達していないものが多く、それを嫌ったジンジャーは両A面か、B面にもアルバム曲並みの新曲を入れる、という方針を通していたのでした。

 日本ではシングルが高いこともあってリリースされず、後に出た2枚組ベスト盤の丸まる1枚がB面曲集とかいう事態に。

 

Fishing for Luckies

Fishing for Luckies

 

 

  ところで、先日、海外からのお客さんに「こういうBGMなら、もうちょいハードなヤツでMastodonとかClutchとかも掛けないの?」と訊かれて、「おぉ、Mastodonの新譜はええよな! 今日はないけど前に使ったで! Clutchは名前くらいしか知らんけど、こんど聴いてみるわ」と答えまして、Clutch、こういうサザンロック・テイストなの、嫌いじゃないです。

 


Clutch - A Quick Death in Texas

 

 今年、英国Downloadフェスの土曜日メインステージの早い時間に出る、Whiskey Myersとか。

 


Whiskey Myers - Ballad of a Southern Man

 

 メインステージ、トリのGuns N'Rosesの前に出る、Black Stone Cherryはこないだ新譜が出たばかり。まだ買ってませんが。

 


Black Stone Cherry - "Bad Habit" (Official Video)

 

  なぜかアナログ盤しか出てこないけど。

FAMILY TREE [12 inch Analog]

FAMILY TREE [12 inch Analog]

 

 

 そういえば1枚も持ってない、The Allman Brothers Bandとか、Lynyrd Skynyrdとかもそのうち掘り下げます。