Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2019年3月第3週のBGM(G,H,I,J,L)

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 Download Japan目前、予習モードの店内BGMはJと、Kは少ないので飛ばしてLです。

 

www.downloadfestivaljapan.com

 

  1. Ghost (Sweden-Doom) / Prequelle (2018) ← 3週目
  2. Halestorm (US-Hard Rock) / Halestorm (2009) ← 2週目
  3. I Am Ghost (US-Emo) / Those We Leave Behind (2008) ← 2週目
  4. Judas Priest (UK-Hard Rock) / Stained Class (1978)
     ← Disturbed (US-Alt.Metal) / Evolution (2018)
  5. Liquid Tension Experiment (US-Tech Metal) / Liquid Tension Experiment 2 (1999)
     ← Funeral For A Friend (UK-Screamo) / Casually Dressed & Deep In Conversation (2004)

 

 

Judas Priest (UK-Hard Rock) / Stained Class (1978)

 Black Sabbathと同郷、バーミンガム出身のハードロック・バンドとしてデビューしたJudas Priestが、1970年代半ばののUKパンクの勃興を受けて、ヘヴィメタルに転向し、「メタルゴッド」への道を歩み始めた4作目。

 先日のDownload Australiaでは、このアルバムからの曲はやってないみたいですが、日本は秋に来たばっかりてことで、ちょっとはセットリスト入れ替えてくるかな、的な。

 まあ、ぎりぎりメタルじゃなくてハードロックの範疇に入ってるアルバム、ということで。このアルバムに伴う初来日公演を記録したライヴ盤「In The East」でも良かったのですが。

 

ステンド・クラス

ステンド・クラス

 

 

イン・ジ・イースト

イン・ジ・イースト

 

 

Liquid Tension Experiment (US-Tech Metal) / Liquid Tension Experiment 2 (1999)

 前に1度くらい使ったかと思ったら使ってなかった、技巧派プロジェクトの2nd。インストとは言え、意外とスリリングな展開も多い上、Download前ということで、あまり使わないかも。

 1980年代に技巧派ギタリストを集めたシュラプネル・レコードを運営していたマイク・ヴァーニーさんによるプログレ・メタル・レーベル「マグナ・カルタ」から発売された、ドラマーを中心にした技巧系インスト・スーパーグループ構想の1つ。

 もう1つは、テリー・ボジオを中心に、スティーヴ・スティーヴンス、トニー・レヴィンでアルバム2枚作成。

 こちらは、当時Dream Theaterのマイク・ポートノイに声が掛かり、当初、ベースはトニー・レヴィンビリー・シーン、キーボードはどちらもケヴィン・ムーアのDT脱退時にオーディションを受けたという、ジョーダン・ルーデスかイェンス・ヨハンソンで構想を進めたものの、ギタリストが決まらず頓挫。

 改めてマイク・ヴァーニーに要請されて、自分がプロジェクトをやるヒマがあるときは、DTが停止しているから、ジョン・ペトルッチもヒマじゃん、という奥さんの提案で、この4人によるプロジェクトに。

 このプロジェクトの感触が良かったのか、ジョーダン・ルーデスは、このままDTに加入…した後の2作目。なのだけど、その後、ポートノイの方が逆に追い出される形になるとは…。

 

リキッド・テンション・エクスペリメント・2

リキッド・テンション・エクスペリメント・2

 

 

ブラック・ライト・シンドローム

ブラック・ライト・シンドローム