読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

夏の終わり

f:id:bh3master:20160913171154j:plain

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を開店半年、何とか生きながらえております店主いけのです。

 

 今年は9月15日が旧暦8月15日の十五夜、いわゆる中秋ってヤツらしいです*1。夏も終わりですね。

 

 というわけで、神奈川県・厚木市サンクトガーレンさんの夏季限定ビール、「湘南ゴールド」と「パイナップルエール」、再入荷しましたが、当店は今年最後の入荷になろうかと。

www.sanktgallenbrewery.com

 

 湘南ゴールドの方は、おかげさまでこの夏の間、好評をいただきまして、樽でも何度か出させていただきました。

 なので、最後に樽ももう1回つなぎたいところでして、実は手配済

 …なのですが、既存樽の残量等、バランスを見ながらの開栓となりますので、その辺りは皆様のご協力次第、という感じで。

www.sanktgallenbrewery.com

 

 パイナップルエールは、ボトルで入れながら様子を見て夏の間に1回くらい樽で、と思っておりましたが、結局、今年は1度も樽で仕入れることができませんでした。

www.sanktgallenbrewery.com

 

 要するに、当店ではボトルの売れ行きを思ったほど伸ばせなかった、ということです。むしろ夏なのにスイートバニラスタウトの方が出ていたくらいで。

www.sanktgallenbrewery.com

 

 これはやはり、本寺小路という当店の立地の特性上、どうしても男性客が多く、男性には「パイナップル」ってのが食指が伸びにくいのかなぁ、とは思います。

 「湘南ゴールド」も、ホップの柑橘感から、本物の柑橘類もビールに合いそうって発想で飲んでいただけるようになったお客様はまだまだ少数派で、「フルーツ」って時点で敬遠する方が多いように思います。

 

 あと、まあ、そもそもボトルが苦戦している、って現実はあります。なので、飲んでもらうために樽で敢えて入れてみる、て方法もナシではない。

 たとえば、樽だと3種類つながっていれば、3種類それぞれ1杯ずつ飲んでいく、というお客様は結構、いらっしゃるのですが、偶然、入替のタイミングで樽が2種類しかなかった場合、2杯で帰られる方のほうが、ボトルでもう1杯って人より圧倒的に多いので。

 

 とは言え、やはり樽で入れれば売れるかも、と思っても、コンディションをキープしたまま1樽売り切れるか分からないビールについては、樽では入れられないので、ボトルで様子を見ながらになってしまうのですよねぇ。

 

 需要量の予測を確実にする手段として、普通の飲食店のマトモな発想から行けば、「ロイヤル・カスタマー」を増やす、つまり、コンスタントに来店をしてくれて大量に飲んでくれるお客様を大事にして、来店頻度と1回当たりの消費量を増やしていくって手段が正統派だと思います。

 経営的にも売上予測も安定するし。

 加えて、現状、三条市内ではクラフトビールは、まだまだマニアックな飲み物なのだ、という現実を受け止めて開き直り、マニア相手にニッチな商売として徹底的に攻めた姿勢で商品をラインナップしていく、という道もあるとは思います。

 でも、それだと、ますます、まだクラフトビールを飲んだことがない人たちとの間に、高い高い越えられない壁をつくってしまうのではないかなぁ、と懸念しています。

 

 わりと自分の中で、「オープンで、誰でもアクセスできる(気に入ってもらえるかどうかは分からないけど)」って思想は、大事な部分なので。

 

 実は「パイナップルエール」は、この点でも当店ではまだまだ扱いきれていないビールで、上述のとおり、「一般的なビール好き」の男性客の場合、立派なマニアに育たないと手が出づらい(ビールっぽくない)ビールなので、現状、マニア向けビールとしても売りづらいのですよね。

 ところが、「大手のビールは苦手だけどクラフトなら飲めるかもと聞いてきました」みたいな人も、この夏の間では、当店はまだ掘り起こしきれていない、ということです。

 

 ということで、まだ当店に足を踏み入れたこともなく、クラフトビールもそれほど飲んだことがない、という人たちに、どうやって当店に興味を持っていただくか、(ビールのラインナップ以外の部分で)もうちょい手数を増やす必要があるかと思っております。

 

 とか言いながら、また近日中に自分が飲みたいから数量限定でアメリカのビールを入れてみるつもりなんですが…。下の写真は、前回入荷分の一部。いや、実はこの辺もビール苦手な人にアピールしそうなヤツも結構あるんですが…。

f:id:bh3master:20160913174224j:plain

 

*1:実際の月齢15歳、満月は17日