Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2019年4月第1,3週のBGM(P,S,T,U,V)

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse³」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

  環境依存文字だけど、「3」の上付きが普通に文字として実装されたようで。

 

 で、BGM、このところ更新が遅れがちでしたが、先々週のS、Tと、先週は更新自体しそこねて飛ばしまして、今週分のUとVです。

 なんだかんだで家に置いてあるCDの山を渉猟してから出かけてくるので、朝ダラダラしてると考えるヒマがなかったり、考えたのに持ってきそこねたり。で、さすがに丸3年もやってくると、TとかUとかVみたいなバンド数が少ない文字は何を使って何を使ってないのか、一応、記録はあるとはいえ、探すのが面倒くさく…と言う言い訳…。てことで、バンド数が少ないこの辺は、そろそろ2度目の登板も増えてきます。はい。

 

  1. Probot (US-Heavy Metal) / Probot (2004) ← 4週目
  2. Sixx: A.M. (US-Hard Rock) / Prayers for the Blessed (2016)
     ← Judas Priest (UK-Hard Rock) / Stained Class (1978)
  3. Thin Lizzy (Ireland-Hard Rock) / Black Rose (1979)
     ← Motley Crue (US-Hard Rock) / Too Fast For Love (1981)
  4. UFO (UK-Hard Rock) / Strangers in the Night (1979)
     ← Ozzy Osbourne (UK-Hard Rock) / Tribute (1987)
  5. Velvet Revolver (US-Hard Rock) / Contraband (2004)
     ← Rush (Canada-Prog.Rock) / Hemispheres (1978)

 

 

Sixx: A.M. (US-Hard Rock) / Prayers for the Blessed (2016)

 1980年代に狂乱の時代を築き上げたMotley Crueのベーシスト、ニッキー・シックスの自伝「ヘロイン・ダイアリーズ」に基づく別バンド。2枚組でも出せるくらいの楽曲が出来たけど、2枚まとめて出すと十分に聴く時間を取ってもらえない、ということで、半年くらい時間を空けて、2作連続リリースとなった今のところ最新作の後編。

 バンドの伝記映画「The Dirt」のプロモーションで動くのと並行して、こちらのバンドでの次作も動いているようですので、期待したいところ。

 

プレイヤーズ・フォー・ザ・ブレスド Vol.2

プレイヤーズ・フォー・ザ・ブレスド Vol.2

 

 

プレイヤー・フォー・ザ・ダムドVol.1

プレイヤー・フォー・ザ・ダムドVol.1

 

  

Thin Lizzy (Ireland-Hard Rock) / Black Rose (1979)

 流浪のギタリスト、ゲイリー・ムーアを迎えたアイルランド出身バンドの通算9作目。アイルランド民謡を大胆に取り入れた表題曲などを含め、全英2位、全米81位を記録。

 …って既にパンク・ムーブメントも落ち着いて、NWOBHMの胎動を待つ1979年には、ハードロックは死んでいた、と言われる割に、ちゃんとハードロックの範疇を超えて売れてる気がするんですが、実際、当時のイギリスの状況はどんなだったんでしょうね…。

 

ブラック・ローズ

ブラック・ローズ

 

 

UFO (UK-Hard Rock) / Strangers in the Night (1979)

 同じく快進撃を続ける1979年のイギリス・ハードロック勢から、UFOのライヴ盤。77年の「Lights Out」に続く、78年の「Obsessions」に伴う北米ツアー中の音源によるもので、全英7位、全米42位を記録…するものの、度々失踪を繰り返してきたマイケル・シェンカーはついにこのツアーの途中で脱退。バンドはポール・チャップマンを呼び戻してツアーを継続。

 英語版Wikipediaによると、ライヴ盤リリースにあたって、どの音源を使うか、ギターをスタジオでリテイクするかでモメたことが最終的な脱退の決め手、云々…。

 なお、本作でも大きな貢献をしている、キーボード兼セカンド・ギタリストのポール・レイモンドさんが先日逝去されたそうです。

 

UFO ライヴ

UFO ライヴ

 

 

Velvet Revolver (US-Hard Rock) / Contraband (2004)

 現在のツアー終了後には、いよいよアルバム製作に入るらしい、Guns N'Rosesの活動停止期(というかアクセルの個人活動期)に、スラッシュ、ダフ・マッケイガンマット・ソーラムが、Stone Temple Pilotsのスコット・ウェイランドを迎えて結成したバンドの1作目。

 スコットの素行不良により追放し、次のヴォーカルを探している間に、G N'Rは黄金期メンバーでの再結成がスタートして、無期限活動停止中。

 なお、スコット・ウェイランドは古巣のStone Temple Pilotsに再合流した後、こちらも追い出され、その後、薬物過剰摂取で死去。Stone Temple Pilotsは代役のヴォーカルに、Linkin Parkチェスター・ベニントンを迎えて活動継続するも、こちらも…。

 

コントラバンド

コントラバンド