Beerhouse3営業日誌

ものづくりの街、新潟県三条市でビール屋はじめました

2019年3月第5週のBGM(J,M,O,P,Q)

 どうも。新潟県三条市の中心部、「本寺小路」でクラフトビールを中心とした飲食店「Beerhouse3」を、とりあえず何とか営業しております店主いけのです。

 

 珍しく火曜に更新、今週のBGMです。Pと、Qを飛ばしてRです。

 

  1. Judas Priest (UK-Hard Rock) / Stained Class (1978) ← 3週目
  2. Motley Crue (US-Hard Rock) / Too Fast For Love (1981) ← 2週目
  3. Ozzy Osbourne (UK-Hard Rock) / Tribute (1987) ← 2週目
  4. Probot (US-Heavy Metal) / Probot (2004)
     ← Halestorm (US-Hard Rock) / Halestorm (2009)
  5. Rush (Canada-Prog.Rock) / Hemispheres (1978)
     ← Liquid Tension Experiment (US-Tech Metal) / Liquid Tension Experiment 2 (1999)

 

 

Probot (US-Heavy Metal) / Probot (2004)

 先日、志賀高原ビールさん主催の毎春恒例、Snow Monkey Beer Liveに参加してきまして、音楽面はまあ自分の守備範囲と違うんですが、ニトロデイって若い人たちが、

 

 「おぉ、Nirvana(のデイヴ・グロール(に影響を与えたRushのニール・パート)のドラミング)っぽい」

 

とか、おじさんのアンテナに少し引っかかったのであります。その場でググったら、確かにNirvanaに影響を受けており、比較されがちのようですが、そこですら、Number Girl経由…っていうか、まだメンバー10代で、Number Girlも世代的に普通は聴いてないでしょ、という。若い感性で今後も頑張っていただきたい。

 

snowmonkey.jp

 

 てことで、前置きが長くなりましたが、Pは、そのNirvana / Foo Fightersデイヴ・グロールが80年代のメタル・アイドルを集めて作った自己満足メタル・プロジェクト、Probotの今のところ最初で最後のアルバム。

 メタル禁止なんで今まで一応自粛してましたが…。

 

 80年代メタル、と言っても、Motley CrueやOzzy Osbourneのような華やかな人たちではなくて、参加メンバーは以下のとおり:

 クロノス(Venom)、マックス・カヴァレラ(Sepultura / Soulfly)、 レミー・キルミスターMotörhead)、マイク・ディーン(C.O.C.)、カート・ブレヒト(D.R.I.)、リー・ドリアン(Cathedral / Napalm Death)、ワイノ(Saint Vitus / The Obsessed)、トム・G・ウォリアー(Celtic Frost)、スネイク(Voivod)、エリック・ワグナー(Trouble)、キング・ダイアモンド Mercyful Fate / King Diamond)。本編終了後の隠しトラックに、テネシアスDの活動でも知られる俳優のジャック・ブラック

 まあ、全員、メタルを聴いてる人なら知ってる大スターであり、メタルを聴かない人にはまるで知られていない地下世界の重鎮、という感じですが、各ヴォーカル/出身バンドに合わせて、「それらしい」楽曲をデイヴ・グロールが提供。演奏も、レミーのように各ヴォーカルが楽器担当する場合はその楽器も任せて、残りはほぼ全部デイヴ・グロールが一人で担当。

 メタル、と言っても、ハードコア/クロスオーヴァー・スラッシュや、Black Sabbath直系ドゥームなどが多めで、この辺はデイヴ・グロールだけでなく、シアトル・シーンにつながっていくんだろうな、という印象…なので、メタル自粛の当店でもギリギリセーフじゃなかろうか…。

 

プロボット

プロボット

  • アーティスト: プロボット,エリック・ワグナー,キング・ダイアモンド,クロノス,マックス・カヴァレラ,レミー,マイク・ディーン,カート・ブレット,リー・ドリアン,ワイノ,トム・G・ウォーリア
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/03/24
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

Rush (Canada-Prog.Rock) / Hemispheres (1978)

 先日、志賀高原ビールさん主催の毎春恒例、Snow Monkey Beer Liveに参加してきまして、音楽面はまあ自分の守備範囲と違うんですが、ニトロデイって若い人たちが、

 

 「おぉ、Nirvana(のデイヴ・グロール(に影響を与えたRushのニール・パート)のドラミング)っぽい」

 

とか、おじさんのアンテナに少し引っかかったのであります。その場でググったら、確かにNirvanaに影響を受けており、比較されがちのようですが、そこですら、Number Girl経由…っていうか、まだメンバー10代で、Number Girlも世代的に普通は聴いてないでしょ、という。若い感性で今後も頑張っていただきたい。

 

 てことで、前置きが長くなりましたが、Rは、そのRushのプログレ時代のアルバム。

 

 いや、実際、Rushを持ってきたのは、どっちかつうと、先日のDownloadに出演したスウェーデンのGhostのポップでキャッチーなプログレ・メタル感が、Pink Floyd、Rush、Kansasあたりっぽいと思ったからなんですが。「ヘドバン」誌のインタビューで、さらにJourneyまで言及してるのは驚きましたけど。

 

神々の戦い(紙ジャケットSHM-CD)

神々の戦い(紙ジャケットSHM-CD)

 

 

PREQUELLE/LTD.DELUXE E

PREQUELLE/LTD.DELUXE E